背中ぶつぶつなんで?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

一方、背中やデコルテなどからだにできる赤いブツブツは、主に「毛のう炎(毛包炎)」と呼ばれる皮膚の病気で、「黄色ブドウ球菌」などの細菌の他に、「真菌」というカビの一種が原因で起こることも多いといわれています。 26 апр. 2018 г.


背中のぶつぶつ 何?

マラセチア菌という真菌(カビ)が、皮膚の毛根を包む組織(毛包)に感染することで炎症を起こします。 この菌は常在菌なので、多くの人の背中にみられ、通常では特に悪影響はありません。 汗をかいてそのままにしたり、不衛生にしていたりすると、増殖してぶつぶつを引き起こします。

背中がかゆくなるのはなぜ?

そもそも、なぜ背中がかゆくなるのでしょうか。 皮膚表面に外部から何らかの刺激が加わったり、体の中でアレルギー反応が起きたりすると、かゆみを引き起こすヒスタミンなどの物質が体内に放出されます。 放出されたヒスタミンなどの物質が神経に作用することで、かゆみを感じると考えられています。

背中の毛穴 なぜ?

体の中でも背中は皮脂量がパーツです。 皮脂量の多い背中は皮脂腺の出口が大きくなってしまうため毛穴が目立ってしまうのです。 また皮脂の出口である毛穴に角質や皮脂が溜まって、固まることにより角栓となり、毛穴が大きく開き目立つようになってしまいます。

背中 カビ なぜ?

アクネ菌が顔に多く生息している細菌であるのに対し、「マラセチア菌」は体に多く存在し、脂を好む真菌、いわゆるカビです。 マラセチア菌が毛根を保護し毛の伸長通路となっている毛包内で炎症を引き起こすことにより、背中ニキビ(マラセチア毛包炎)が発生します。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

背中 毛穴 なぜ?

まぶたの腫れ 赤み かゆみ 何科?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • セミの幼虫 何年?
  • 一般に、セミの幼虫は土の中で7年過ごすといわれている。 25 авг. 2019 г.


    セミ 何年潜る?

    「セミの幼虫は土の中で7年を過ごし、地上に出てくるとわずか1週間で死ぬ……」という話を (...)


  • セミはなぜすぐに死んでしまうのか?
  • 体が、長生きするようにはもともとつくられていないのです。 親のセミは、せいぜい10日から2週間の命で、その時間を生きるために、木のしるを少しすうだけです。 親ゼミの仕事は、卵をうむことだけですから、 (...)


  • セミ 何日間生きる?
  • そして、調査の結果、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの3種で10日以上の生存を確認、最長生存確認記録はアブラゼミが32日間、ツクツクボウシが26日間、クマゼミが15日間だったそうです。 けっこう (...)


  • セミは土の中で 何年生きる?
  • しかし、実際に土の中で7年も過ごすセミは日本にはおらず、ツクツクボウシで1〜2年、アブラゼミで3〜4年、クマゼミで4〜5年くらいのようです。 ただしセミは飼育するのが難しいため、生活史が完全には解明されて (...)


  • クマゼミ いつまで?
  • クマゼミ:7月上旬~9月上旬 *横浜でも鳴いたという報告があります。


    クマゼミ何日生きる?

    そして、調査の結果、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの3種で10日以上の生 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り