日本でお米が主食になったのはなぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

日本で米が主食になった理由は、稲が日本の気候によく合い、たくさんとれたからです。 大昔に、東南アジアで生まれた稲は、人がタネを持って移動し、世界各地でたくさんの種類が増えていったのです。 東南アジアのほか、インド、中国に文明が栄えたのは、こうした多くの種類の稲が、多数の人間の食生活をささえてくれたからです。


日本人の主食がお米になったのはいつ?

「小麦」「トウモロコシ」と並んで「世界三大穀物」とされている「米」。 その米の歴史は古く、日本では縄文時代後期から食べられ、弥生時代には稲作が本格的に始まったとされています。 弥生・奈良時代には既に、もち米、うるち米の2種が食べられていましたが、当時は今の食べ方と違い、米を水でドロドロに煮たものを食べるのが普通でした。

米はなぜ食べられるようになったのか?

アジアで米が主食になったわけは、稲という植物がアジア(日本も入ります)の気候によく合い、たくさんの人を養うことができたからです。 世界中を見渡せばごはんの食べ方が様々あるように、日本においても米は昔からいろいろな食べ方をされてきたようです。 ... 平安時代には「強飯」に代わって、おかゆが米の調理法の主流となりました。

なぜ日本人は米を食べなくなったのか?

全国各地の米農家では品種改良が重ねられ、味や食感などにこだわった米が生み出されているが、その努力もむなしく米離れは止まらない。 人口の減少や食生活の欧米化といったことが原因なのは明らかだろう。 朝食を抜いたり、ダイエットブームで糖質を避けたりする人が増えている傾向も影響しているかもしれない。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

日本人が白米を食べ始めたのはいつ?

稲作伝来 何年?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 焼肉のお肉は1人何グラム?
  • ▼平均的な量を食べる方 人並程度にお肉を食べる方なら、一人当たり400g~500gくらいは用意しておいた方がいいでしょう。 お肉だけを食べるなら様々な部位を購入しておくといいでしょう。 カルビなど脂が多い牛肉 (...)


  • オリーブオイルはどのくらいもつのか?
  • オリーブオイルの賞味期限は、瓶に詰められてから1年半~2年です。 ボトル開栓後は空気に触れて酸化が進み、だんだんと風味や栄養成分が薄れていきます。 加熱せずそのまま料理にかけて食べる場合は、ボトルを開 (...)


  • 元素番号 いくつまで?
  • 2016年11月30日に原子番号113,115,117,118の4元素に正式名称が与えられ,最新の周期表には原子番号1番から118番までの元素が並んでいます. 29 июл. 2017 г.


    元素の数はいくつ?


  • ごぼう 可食部 どこ?
  • キク目キク科ゴボウ属の植物で,根を食用にする.


    ごぼう どこでとれる?

    ●ゴボウの主な産地と生産量 主な産地は青森県で、次いで茨城と北海道です。 この三つの地方で全国の半 (...)


  • ひらどの剪定?
  • ヒラドツツジの剪定時期は花が散ってすぐ 花が咲き終わってから、5月~6月の暑くなるまえになるべく早く剪定をしましょう。 ヒラドツツジは、7~8月頃から新しく花芽をつけていきます。 花芽がついてから剪定をし (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り