栗よりうまい十三里ってどういうこと?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

みなさま、こんにちは白石です。 本日10月13日はサツマイモの日です。 埼玉県川越市の市民グループ・川越いも友の会が制定しました。 10月はさつまいもの旬であり、江戸から川越までの距離が約13里なので、さつまいもが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことからです。 13 окт. 2018 г.


おいもの日 何日?

● 10月13日は さつまいもの日 「どうして13日なの?」 さつまいもを「十三里」と呼ぶことから、1987年に埼玉県川越市の「川越いも友の会」が、旬にあたる10月13日を「さつまいもの日」と定めました。

さつまいもの日って何?

10月13日はさつまいもの日 さつまいものことを「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」 と呼ぶことから川越いも友の会が制定しました。 これは、江戸から十三里離れた川越のさつまいもがおいしかったことから 生まれた言葉だそうです。 一年中出回っているさつまいもですが、この季節は特においしくなりますよね。

今日は何の日 さつまいもの日?

埼玉県川越市のサツマイモ愛好者の集まりである「川越いも友の会」が制定。 日付は10月はサツマイモの旬であり、13日は江戸から川越までの距離が約13里なので、サツマイモが「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたことから。

サツマイモは何科でしょうか?

ヒルガオ科サツマイモは、甘藷(かんしょ・和名)、唐芋(からいも・鹿児島)、琉球芋(りゅうきゅういも・九州の一部)、スイートポテト(英名)など様々な名前で呼ばれていて、学名:Ipomoea batatas(イポメア・バタタス)というヒルガオ科サツマイモ属の植物なんだ。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

赤ちゃんに生の果物はいつから?

さつまいもの日 いつから?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 牛肉 室温 何時間?
  • 常温保存の目安 牛肉の常温保存の目安は夏場は30分、冬場は2時間とみることができます。 温度にもよりますがこれ以上長く放置するなら、お肉の鮮度が低下しやすいです。 空気に触れる面積が大きい牛肉ほど、すぐ (...)


  • 肌ケア いつから?
  • 一般的に、エイジングケアは20代から始めるべきとされています。 20代中頃になると、肌の衰えを示すエイジングサインが現れやすくなるからです。 少し早いと感じるくらいからエイジングケアに取り組むとよいでし (...)


  • さくらんぼはどこの県?
  • 山形の代名詞「さくらんぼ」ですが、山形に初めて入ってきたのは明治8年頃といわれます。 このころ、全国各地でさくらんぼ栽培が試されましたが、ほとんどの地域でうまく栽培できず、霜害・台風被害が少なかった (...)


  • 食事から摂取した糖質はどのように代謝される?
  • 糖質は、酵素により分解され、最終的に小腸上皮でブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)などの単糖に分解され、吸収されます。 デキストリンはデンプンが唾液や膵液(すいえき)などに含まれるアミラーゼ (...)


  • ブドウ糖何からできてる?
  • 日本語ではぶどうから発見されたためブドウ糖と呼ばれます。 糖類の中で最も基本的な単糖類(糖の最小単位)の代表的なもので、他の単糖類である果糖やガラクトースと(あるいはブドウ糖同士で)結びついてショ糖 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り