サツマイモの植え付けは何月?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

さつまいもの植付けは、一般的には、九州など西日本では4月下旬から5月上旬、関東など東日本では5月中旬から下旬、東北では6月上旬以降が目安です。 さつまいもは植えてから、普通は150日から180日で1株500gから600gくらいが目安ですが、100日程度でも収穫は可能で、1株250gから300gのいもが見込めます。


さつまいも 種芋 いつ植える?

植え付け時期 サツマイモの苗の植え付けは、5月中旬〜6月中旬くらいの地温が18℃以上あるときにおこないましょう。

サツマイモの追肥はいつ?

5-8-10などのサツマイモ専用肥料も市販されています。 どれも窒素成分少なめで、その倍量程度のカリウムで配合されているはずですので、量が多いのであれば専用肥料を使うと良いでしょう。 追肥は6月中に済ませ、遅れることのないように気をつけましょう。 生育後半に肥効が続くと、イモの肥大が鈍くなります。19 окт. 2018 г.

サツマイモの栽培は終了しますか?

サツマイモの葉には太陽の光がまんべんなく降り注ぎ、光合成によって糖がたくさん生成されます。 ちょうど追肥の時期と重なるので、土寄せ、中耕と兼ねて終わらせてしまいましょう。 これでサツマイモ栽培の8割は終了です。

サツマイモの植え付けは厳禁ですか?

萌芽(ほうが)の適温は30℃と比較的高く、九州地方でも電熱線を地面に埋め込んで温度を保つのが一般的です。 水を切らしてはいけませんが、過湿は厳禁です。 次々と出てくるつるが30センチほどに成長したとき、2節ほど残して刈り取り、その刈ったつるを植え付けに使用します。 畝への植え付けは購入苗と同様です。 苗を保管している間に多少しおれますが、問題なく根付きます。 サツマイモ栽培でもっとも重要なのは、なんと言っても除草作業です。 サツマイモの作り方について、除草に重点をおいた記述を見ることは少ないでしょうが、放任されがちなサツマイモの失敗原因第一位は何といっても雑草管理なのです。

サツマイモの作り方はどれですか?

サツマイモの作り方について、除草に重点をおいた記述を見ることは少ないでしょうが、放任されがちなサツマイモの失敗原因第一位は何といっても雑草管理なのです。 多少雑草が覆ってしまっても、草取りをすれば充分に楽しめる程度の収穫は可能ですが、芋づるが隠れる程に茂った雑草を引き抜くのは大変です。

サツマイモの生育のために養分は少なくなりますか?

茎葉ばかりが生育して、イモが十分に育たないのがつるぼけになります。 などになります。 そのためチッソ肥料を控えることが基本とされていますが、生育のために養分が少なくてすむということではなく、反対にサツマイモの養水分の吸収力が強いためにおこります。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

収穫後にさつまいもを洗うと保存できないのですか?

天日干しでさつまいもを乾かしますか?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • なぜ米作りがさかんなのか?
  • 水が豊富(ほうふ)にあることも米づくりがさかんな理由です。 米づくりには、たくさんの水を使います。 鳥海山(ちょうかいさん)の雪どけ水は、夏まで田んぼをうるおします。 また庄内平野は、夏の気温が高く、 (...)


  • バナナを毎日食べるとどうなるか?
  • バナナにはエネルギー源となる糖質や、糖質を体の中で利用するために必要なビタミンB1が含まれています。 ビタミンB1と糖質を一緒に摂ることで、糖質を効率よくエネルギーに変換でき、体の回復に使えます。 日中 (...)


  • 豚肉 よく焼く なぜ?
  • 細菌やウイルス、寄生虫は加熱により死滅します。 このため、お肉やレバーなどの内臓は、よく加熱して食べましょう。 特にお子さんやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、注意が必要です。


    豚肉 (...)


  • ガスファンヒーターとエアコンどちらがお得?
  • ガスファンヒーターは「電気代+ガス代」、石油ファンヒーターは「電気代+灯油料金」の合計です。 1時間あたりのコスト差でもエアコンと石油ファンヒーターでは20円以上の差があり、ガスファンヒーターは毎日8 (...)


  • 糖質制限 なんグラム?
  • 医師の指導もなく、極端な糖質制限をしてしまうと、健康を害する危険があるのです。 ですので、自力で糖質制限をする場合は「ロカボ」とも呼ばれる、1日130g以下を目安に行いましょう。 1日3食として、1食あたり4 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り