鹿児島さつまいも盛んなぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

特に、サツマイモの生産量は鹿児島が全国で断トツのNo. 1となっています。 サツマイモは水はけのよい土地を好むため、保水性が低くサラサラしたシラス台地の土壌がぴったりなのです。 現在では、台地に水を届けるダムや水路も建設されたため、「茶」「サトイモ」「キャベツ」といった農作物も栽培されるようになりました。 31 дек. 2020 г.


さつまいも 鹿児島 なぜ?

サツマイモが日本に伝わったのは400年ほど前のことで、琉球(今の沖縄)から薩摩(今の鹿児島)を経て九州地方へと拡がり、さらに江戸時代には救荒作物として全国に広がりました。 このように、薩摩、つまり今の鹿児島からきた「おいも」ということなので、サツマイモ(薩摩芋)と呼ばれているわけです。

鹿児島 畜産 なぜ?

日本有数の畜産県 鹿児島県は、温暖(おんだん)な気候や広大な畑地に恵まれ(めぐまれ)ています。 このような地域の特性を十分に活かして、鹿児島県の畜産は、全国有数の規模(きぼ)に発展(はってん)しています。

鹿児島芋なぜ?

鹿児島でサツマイモ栽培が始まったのは18世紀のこと。 琉球から持ち帰ったサツマイモの苗がシラス台地での栽培に適していたことから、鹿児島全域へと一気に広まり、これを機に芋焼酎造りが定着しました。 鹿児島のサツマイモ生産量は、現在も日本一。

鹿児島 何が盛ん?

私たちの住む鹿児島県は、南北600キロメートルにわたり、温暖な気候や全国第2位の広い畑地などを生かした野菜、花き、茶などの生産が盛んです。 また、豚、肉用牛(黒毛和種)の飼養頭数は日本一、ブロイラー(食用のにわとり)の飼養羽数は第2位の畜産県です。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

九州 畜産 なぜ盛ん?

鹿児島 農業 なぜ盛ん?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 生姜 どこの部分?
  • どの部分を食べているのか、いくつか例をあげて調べてみましょう。 このページの内容. じゃがいもと、さつまいも; たまねぎ; ブロッコリー; 実を食べるやさいのグループ .


    しょうが どこの部分?
  • 大根 茎はどこ?
  • ダイコンの一番上には、たくさんの葉がついています。 葉を取り去ります。 すると、芯が残ります。 これがダイコンの茎です。


    大根 どこをたべている?

    つまり、大根は「根」を、 (...)


  • 大根植物のどの部分?
  • 青い部分には白いひげのような側根が生えていません。 実はこの部分は茎なのです。 大根は上に葉がつくので、葉の根元に当たる部分だから茎というわけです。 16 мая 2013 г.


    大根 どこから (...)


  • 枝豆 どこの部分?
  • どの部分を食べているのか、いくつか例をあげて調べてみましょう。 このページの内容. じゃがいもと、さつまいも; たまねぎ; ブロッコリー; 実を食べるやさいのグループ .


    枝豆 どの部分?

    (...)


  • 枝豆 どこ食べてる?
  • 枝豆です。 枝豆は、たねの部分を食べるんです。


    さといも どこの部分?

    サトイモ(里芋、青芋、学名:Colocasia esculenta)は、東南アジアが原産のタロイモ類の仲間で、サトイモ (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り