鹿児島何台地?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

シラス台地(シラスだいち)は、九州南部に数多く分布する火山噴出物からなる台地である。 典型的な火砕流台地であり、加久藤カルデラ、阿多カルデラ、姶良カルデラおよび池田カルデラなどを起源とするシラスや溶結凝灰岩などで構成される。 鹿児島県本土の52パーセント、宮崎県の16パーセントの面積を占める。


鹿児島 シラス台地 どこ?

1.シラス台地 笠野原(かさのはら)地区は、鹿児島県大隅半島の中央に位置し、広大な肝属(きもつき)平野の北西部を構成しています。 鹿屋市と高山町(現、肝付町)にまたがる南北16km、東西12kmに広がる総面積6、300haの、九州南部において最も広いシラス台地と呼ばれる高台です。

シラス台地 何が盛ん?

主な農作物 シラス台地では昔から「サツマイモ」「大豆」「菜種」といった農作物を栽培してきました。 特に、サツマイモの生産量は鹿児島が全国で断トツのNo. 1となっています。

サツマイモ なぜ鹿児島?

サツマイモが日本に伝わったのは400年ほど前のことで、琉球(今の沖縄)から薩摩(今の鹿児島)を経て九州地方へと拡がり、さらに江戸時代には救荒作物として全国に広がりました。 このように、薩摩、つまり今の鹿児島からきた「おいも」ということなので、サツマイモ(薩摩芋)と呼ばれているわけです。

シラス台地 何で出来ている?

こたえ 鹿児島県の本土面積の約6割(わり)をおおうシラスは,噴火(ふんか)のときの火砕流(かさいりゅう)や,空中にまいあがった軽石や火山灰(かざんばい)などが堆積(たいせき)したものです。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

鹿児島 農業 なぜ盛ん?

焼き芋 ブーム なぜ?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 梅は何類?
  • Сли́ва — род растений семейства Розовые. Включает около 250 видов, распространённых, главным образом, в северных умеренных областях земного шара. Многие представители рода — широко известные плодов (...)


  • 魚のカマ なぜ?
  • 運動量の多い部位の為、木目細かく、しまっていながらよく脂がのっていてとてもおいしい部分です。 . カマの由来はキハダマグロや、まぐろの様に大きな魚のエラの近くが .魚の「カマ」と呼ばれる部分 - を買って (...)


  • 発酵 なぜ 腐らない?
  • 長期保存には注意が必要 そのうえ、長い菌糸で米を覆いつくすように、旺盛に生育している麹菌などの発酵微生物は、大腸菌などの細菌が入っても、生育できず死滅します。 このため発酵食品は腐りにくいというわけ (...)


  • 頭皮 かさぶた どうする?
  • かさぶた部分は、擦らないように優しく泡で洗いましょう。 脂漏性皮膚炎では、過剰な皮脂である汁が固まってしまうことがあります。 固まった皮脂をそのままにしておくと、頭皮の負担になります。 固まって取れに (...)


  • 弥生時代 米 どこから伝わった?
  • 弥生時代の中ごろから奈良時代にかけての遺跡で、弥生時代の終わ りごろ(約1,800年前)の竪穴住居跡から米が見つかっています。 水田で米を作る技術が朝鮮半島から日本に伝わったのは縄文時代の終わりごろのこと (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り