中央高地 観光業 なぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

中央高地は内陸性の気候で、盆地では冬季に冷え込みが厳しい日が続きます。高地は夏でも涼しくて過ごしやすいため、避暑地(ひしょち)として人気があります。 人口と産業.


中央高地の特産品は?

中央高地の扇状地では、ブドウや桃、リンゴなどの栽培が盛ん。 山梨県では、甲府盆地でぶどう及びモモの生産が盛ん。 長野県では、長野盆地でリンゴの生産が盛んに行われている。

中央高地 観光 さかん なぜ?

中央高地では、ブドウやモモ、リンゴなどの果樹栽培をはじめ、最近ではレジャーとしての観光農園も人気を呼んでいます。 高冷地では、高原野菜の栽培が行なわれています。 また、豊かな自然に恵まれ、温泉や景勝地、歴史的遺産も多く、観光資源が豊富なことから、各地から大勢の観光客でにぎわいます。

中部地方はなぜ工業が盛んなのか?

なぜこの地域に工業が発達したかというと、東京と大阪の間に位置するため、昔から交通の便が良く、人の行き来が盛んだったことが理由の一つです。 また、海に面していることで貿易が活発に行われています。 さらに、豊富な水量を持つ木曽川のおかげで工業用水を確保しやすく、肥沃で広大な濃尾平野があることも大きな理由です。

中央高地の産業の特色は?

中央高地では夏でも冷涼な気候を生かして、キャベツやレタスなどの高原野菜が栽培されています。 また長野や甲府盆地などではリンゴ、ブドウ、モモなどの果樹栽培盛んです。 積雪があり湿度の高い北陸地方は、伝統産業が盛んで織物、和紙、漆器などです。 また、中部地方は現在も陶磁器産業が盛んなことで知られています。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

東北地方 伝統産業 なぜ?

北陸工業地域 何が盛ん?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • マックポテト M L 中止 なぜ?
  • 原因は北米からポテトの輸入が遅れていることに加え、不測の事態が重なったため。 それは船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港での貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候などだという。 (...)


  • きつね 何科 動物?
  • キツネ(狐)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。


    きつねは何科の動物でしょう?

    イヌ科Сахалинская обыкновенная лисица / 科

    きつね どんな動物?

    < (...)


  • 2019年のサツマイモの収穫量はどのくらいですか?
  • 2019年産サツマイモ(甘藷)の全国収穫量は約74.9万tで、作付面積は約3.4万haでした。 その5年前の2014年では、収穫量が約88.7万t、作付面積は約3.8万ha。 21 дек. 2020 г.


    芋掘り 1株 何本 (...)


  • ごはん いつまで?
  • 炊いたごはんは常温では数時間程度の保存が限度で、5〜6時間以内に食べるなら保温、日をまたぐなら冷凍がおすすめです。 冷蔵はデンプンをベータに戻してしまい、消化吸収にも悪いのでできるだけ避けましょう。 (...)


  • スクロース なぜ水に溶ける?
  • スクロースも,その分子中に極性の大きいヒドロキシ基-OHがあ り,水によく溶ける。 一般に,極性の大きい分子は,水分子とクーロン力によって引きつけ合う ので,水に溶けやすいものが多い。


    (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り