たらこ どこから?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

たらこ(鱈子)は、タラの卵巣(魚卵)、およびそれを加工した食品。 広義にはマダラ(真鱈)も含むが、一般にたらこと呼ばれるものは、スケトウダラ(スケソウダラ)の卵巣を塩漬けにしたものを指すことが多い。 日本国内の主な産地は北海道など。


明太子はどこから来たの?

朝鮮半島に暮らしていた日本人が終戦後帰国して、韓国で食べていた「たらこ」のキムチを日本人の口に合うように塩たらこと唐辛子の入った調味料で漬け込んで作り始めたのが今の日本の明太子のはじまりです。 そして、明太子がつくられるようになった土地が福岡県福岡市の「博多」と呼ばれる地域でした。

明太子 どこの部位?

明太子はスケトウダラというタラ科の魚の卵(卵巣)が原料です。 スケトウダラの卵に、唐辛子を使用した調味液で調味加工したものを明太子といいます。

明太子 どこの料理?

「辛子明太子」はタラ科のスケトウダラの卵巣(卵)を唐辛子などを使った調味液に漬け込んで熟成させたもので、福岡県福岡市博多の郷土料理です。

明太子の発祥は誰が作った?

最初は自宅で食べるために作った 戦後、沖縄から引き揚げてきた創業者の川原俊夫氏(正孝氏の父)が、妻・千鶴子氏とともに中州市場の一角で開いた15坪の小さな食料品店がその始まりだった。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

とびこって何ですか?

明太子 たらこ なぜ?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • ヒスタミンって何だっけ?
  • ヒスタミンは、食品中に含まれるヒスチジン(タンパク質を構成する20種類のアミノ酸の一種)にヒスタミン産生菌(例、Morganella morganii)の酵素が作用し、ヒスタミン .


    ヒスタミン どうなる?


  • ヒスタミン受容体とは何ですか?
  • Гистаминовые рецепторы — класс рецепторов, сопряжённых с G-белком, которые связывают гистамин в качестве основного эндогенного лиганда. Относятся к интегральным мембранным белкам. Известно 4 разнов (...)


  • ヒスタミンの多い食材は何ですか?
  • ヒスタミン食中毒の原因となる主な食品は、「ヒスチジン」というアミノ酸を多く含む赤身魚(マグロ、ブリ、サンマ、サバ、イワシ等。 15 авг. 2018 г.


    ヒスタミンとはどんな物質か?


  • 蕁麻疹 なぜ夜?
  • じんましんは、食物や動物、金属等のアレルギー、発汗、精神的要因等によってあらわれると考えられていますが、原因は明らかにされていません。 汗をかいたり、布団の中で皮膚が擦れるといったことが要因で、夜に (...)


  • なぜか蕁麻疹が出る?
  • 蕁麻疹は比較的よくある病気で、15~20%の人は一生のうちに一度は経験するといわれています。 一般に食べ物や薬に対するアレルギー反応として起こると思われることが多いようですが、その他感染、運動や暑さ、寒 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り