糖尿病 1型と2型はどう違うの?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

1型糖尿病は膵臓のβ細胞の破壊・消失によってインスリン分泌が少なくなったり, 無くなることによって起こります. そのため治療としては初めからインスリン治療が必要になります. 2型糖尿病は遺伝的な体質(インスリン分泌低下, インスリン抵抗性)に過食, 運動不足, 肥満が加わることにより起こります.


糖尿病 2型って何?

2型糖尿病とは 最も多いタイプの糖尿病で、一般的に"糖尿病"と表現した場合2型糖尿病を示す事が多いです。 遺伝的素因によるインスリン分泌能の低下に、環境的素因としての生活習慣の悪化に伴うインスリン抵抗性が加わり、インスリンの相対的不足に陥った場合に発症する糖尿病です(図1)。

糖尿病 どっちが多い?

まず、大きな違いは、発症する年齢だ。 1型は子ども含む若い人が多いのに対し、2型は中高年に多い。 一般的に「糖尿病」というと2型を指し、その患者数は全体のおよそ95%となっている。

一型糖尿病 低血糖 なぜ?

糖尿病では血糖値を上げる力も不足している 糖尿病の患者さん、とくに1型糖尿病の患者さんが低血糖になる原因としては、血糖値を上げる作用のある、拮抗ホルモン(グルカゴン、アドレナリンなど)の分泌能力が低下していることもあげられます。

2型糖尿病 何歳から?

2型糖尿病(インスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病です) 若い人でも発症する場合もありますが、40歳を過ぎてから発症する場合がほとんどです。 糖尿病になる要因はさまざまで、食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

2型糖尿病ってどういうの?

糖尿病患者の血糖を安定させる食べ物は何ですか?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 小松菜は何に効く?
  • 小松菜には、疲労回復や免疫力を高めるカロテンやビタミンCが含まれています。 さらに、骨や歯の健康に役立つカルシウムも豊富で、その量はほうれん草の3倍、牛乳並みの量が含まれている栄養満点の野菜です。 味 (...)


  • いくらの効能は?
  • いくらには、良質なタンパク質が100g当たり約32.6g含まれており、「疲労回復」「体力の向上」「代謝の促進」などに効果を発揮します。 これらのタンパク質は、同じくいくらに多く含まれているDHA・EPAと一緒に摂 (...)


  • なぜ小麦は体に悪いのか?
  • 小麦のタンパク質「グルテン」は、分解されにくいという特徴があるので、腸の中にとどまります。 そのうえ、腸の粘膜に「くさび」のように入り込んでしまいます。 これは便としても出ないし、栄養としても吸収さ (...)


  • 米 浸水 冷蔵庫 何日?
  • 細菌的な問題より、お米自体に多く水分を含み割れ易くなります。 ザル等にあけ水気をきり冷蔵保管がベストです。 1日くらいならこれで問題なしです。 翌日炊く前に釜で浸漬し直す時に、ちょっと長めに浸漬させ、 (...)


  • 血糖値が高いのは何が原因?
  • 血糖値が高くなる原因 その背景には、運動不足・肥満・ストレス過多などの生活習慣が原因になっていることが多いといわれています。 また血糖値を急激に上げるような白米や麺をよく食べることでも起きます。 ただ (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り