なぜ関東地方では農業が盛んなのか?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

理由は主に二つあります。 一つは、火山灰が積もってできた台地が多いためです。 こうした土地では水が染み込みやすく、水を大量に使う水田には向いていません。 もう一つの理由は、人口の多い消費地に近いことです。


関東地方 農業盛ん なぜ?

農業 農業では、野菜の近郊農業が、関東平野の畑で、さかんである。 東京などの大消費地に近いため、輸送費が安く、短時間で届けられる。 そのため、野菜や乳製品など、新鮮さが重視されて、関東でも生産しやすい農産物が、関東の農業では生産されている。

近郊農業なぜ盛ん?

農業は都市から遠い農村で行われているようなイメージがあると思います。 しかし都市の近く=近郊で農産物を栽培すれば、消費地である都市に近いため鮮度が高いものを安い輸送費用でとどけることができます。 これが近郊農業の最大の利点で、鮮度が落ちやすい野菜や草花などを生産しています。

なぜ東北地方は農業が盛んなのか?

東北で農業が盛んなわけ 東北地方で農業が盛んな理由としては、次の理由があげられます。 農地が多く、農業に欠かせない水が豊富にある。 気候が涼しいため、野菜などの生産に適している。 農家の数が、他の地方に比べると多い。

なぜ東北地方は果樹栽培が盛んなのか?

1972年、東北自動車道の一部が開通。 その後10年以上かけて、東京から青森まで東北自動車道がすべてつながりました。 人口の多い東京や大阪などの大消費地に、いち早く新鮮な果物が届けられるようになり、東北の果物栽培はさらに盛んになっていきました。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

中部地方 果物 盛ん なぜ?

なぜ東北地方では果物の栽培が盛んなの?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • パプリカは何色がいいのか?
  • オレンジ色のパプリカには、赤色の色素と黄色の色素の両方が含まれています。 そのため、赤色パプリカと黄色パプリカに含まれる栄養素の両方を、バランス良く摂取できるといえるでしょう。 βカロテンやカプサイシ (...)


  • ハイフ いつまで持つ?
  • ハイフのの一般的な効果持続期間は約半年~1年です。 超音波エネルギーによって引き起こされた振動が熱を生み、SMAS筋膜を引き締めることによってたるみがリフトアップするのですが、これらの効果がはっきりと現 (...)


  • パンは体に悪いのですか?
  • 【管理栄養士が解説】「パン食は太る」「パンはご飯よりも不健康」「食パンの朝食は体に悪い」といった説を信じて、なるべくパンは食べずご飯食にしている人もいるかもしれません。 しかしパン食が原因で病気にな (...)


  • どこさへき?
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)は体内では生成することができない必須脂肪酸の一つ。 n-3系の脂肪酸に分類される。 アジやイワシ、サバ、カツオ、サンマ、マグロなど青魚の脂肪に多く含まれるほか、α‐リノレン酸を摂 (...)


  • 鉄のフライパン 何に使う?
  • 高温で調理するなら鉄に勝るものなし 鉄フライパンは「炒める・焼く」など高温で調理するものにこれ以上ないほど向いた器具です。 「火の料理」と呼ばれる中国料理の時に使う鍋が鉄で作られているのは、鉄が1600℃ (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り