馬刺し 山梨 なぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

山梨は甲斐国と呼ばれていた律令制の時代から貢馬の国として知られ、「甲斐の黒駒」は貴族たちの憧れのブランドであった。 また、かつて富士山の信仰登山が盛んで、登山者の荷揚げ用に馬がたくさん飼われていた。 馬が身近にあったことから、安く手に入る馬肉の料理が盛んになったといわれている。


熊本の人はどうして馬刺しを食べるようになったの?

発祥は諸説あるが、熊本藩の初代藩主の加藤清正が朝鮮出兵した際、朝鮮半島で食料がなくなり、しかたなく軍馬を食べたところ、大変美味しかったので帰国後も馬刺しや馬肉を好んで食べたというのが始まりといわれる。

馬刺しはなぜ大丈夫?

なぜ馬だけ刺しで食べることができるのか 馬の体温は40度近い高温なので、牛や豚に比べて寄生虫が少ない。 加えて、馬刺し用の肉はマイナス20度で48時間以上の冷凍処理をすることが義務付けられ、そのまま食べても安心な体制が整っている。 ただし、馬肉は鉄分が多いため、空気に触れると変色しやすい。

馬刺しといえばどこ?

平成27年度の農林水産省の調査では、馬肉の生産量1位は熊本県(2,316トン)で、2位の福島県(1,107トン)を大きく引き離すだけでなく消費量も1位となっています。 3位:青森県(529トン)、4位:福岡県(385トン)、5位:山梨県(263トン)と続き、日本全体の生産量は5,113トンです。

馬刺し なぜ美味しい?

熊本馬肉Dining馬桜HPより馬肉は牛肉の3倍以上のグリコーゲンを含んでいるため、肉に甘味があります。 また、豊富なビタミン(A・B12・E)に加え、 牛肉・豚肉の3倍量のカルシウム、ほうれん草やひじきより豊富な鉄分(生肉100g中4・3mg)を含んでいる事から「食肉のチャンピオン」とも言われています。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

熊本 なんで馬刺しが有名?

馬刺し 熊本 何故?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 長ネギ日本いつから?
  • 日本には奈良時代に渡来し、古くから親しまれてきた野菜である。 そのため、各地で在来種もつくられている。 『日本書紀』(720年成立)の仁賢天皇6年(493年)9月に「秋葱」の名で登場するのが日本最古の記録と (...)


  • 人の皮膚は何層?
  • 皮膚は、大きく分けて3層構造になっており、一番上の層が「表皮」、その下が「真皮」、最下層が「皮下組織」となっています。 各層には固有の機能があります。


    皮膚は体重の何パーセント (...)


  • 腸内環境は何日で変わる?
  • この細菌が元気に働き続けられるかどうかは、私たちの心掛け次第です。 便秘がちなひと、不規則な生活をしているひとも、大腸ケアに手遅れはありません。 2週間で腸内フローラのバランスは劇的に変わります。 (...)


  • デンプンはどのように消化されるか?
  • ・デンプン… 唾液やすい液中の(アミラーゼ)や、小腸にある消化酵素などのはたらきで最終 的に(ブドウ糖)に分解される。 ・タンパク質…胃液中の(ペプシン)や、すい液中の(トリプシン)、小腸にある消化 酵 (...)


  • ピートモスは酸性ですか?
  • ピートモスは有機質用土の一つですが、ピートモスだけで用土として使用するよりも、植物を育てる土を改良するための「改良用土」として主に活用されています。 また、ピートモスはph4.0前後の酸性なので、使用す (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り