家柄より芋がら 何芋?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

いえがらよりいもがら いかに家柄がよくても、それで生活することはできぬ。 食うとしても、里芋の茎なら食べることもできるが、家柄では食うこともできない。 旧家や出身を自慢する人を軽蔑(けいべつ)していう言葉。


いもがら 何の芋?

いもがらは、里芋などの葉柄の芋茎と呼ばれる部分を乾燥させたもの。 呼び名は各県によってさまざまあり、芋茎のことをずいきと呼ぶことから、「ほしずいき」と呼ばれたり、または「割菜(わりな)」とも呼ぶ地域もある。 いもがらは乾燥もののため、保存食としてつくられており、通年の常備菜にも活用されていた。

慣用句の「家柄より芋茎(いもがら)」「芋を洗うよう」に共通するのは何イモでしょうか?

芋 いも を 洗 あら うよう 《里芋を 桶 おけ などに入れて棒でかきまぜて洗うようすから》狭い所で多数の人が込み合うようすのたとえ。

茎芋って何?

「ずいき」は、里芋やはす芋などの、食用の葉柄の総称です。 (葉柄=ヨウヘイ・葉と茎を接続している小さな柄のこと。 ※「里芋」は地下の茎が肥大したものです!!) ずいきは大きく3種類に分けられます。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

いもがら 何の芋?

慣用句の「家柄より芋茎(いもがら)」「芋を洗うよう」に共通するのは何イモでしょうか?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 高齢者 免疫機能低下 なぜ?
  • 加齢とともにT細胞とB細胞の活性が低下するため 年齢を重ねるとT細胞とB細胞の活性が低下することも、免疫力が低下する原因になります。 T細胞とは、細菌やウイルスなどの異物に反応してB細胞に異物の情報を伝え (...)


  • 高齢者 免疫力低下するとどうなる?
  • 免疫機能の老化の影響 ひとつは、感染源となる病原性の微生物を「非自己」と判断する能力が衰えてしまうことです。 病原微生物への攻撃力が弱くなるため、感染症にかかりやすくなってしまいます。 もうひとつは、 (...)


  • 免疫力の低下 なぜ?
  • 睡眠不足になると成長ホルモンも十分に分泌されず、免疫細胞の減少に繋がり免疫力が低下してしまいます。 また、人間には、自律神経やホルモンの分泌を制御して身体を良い状態に保つ体内時計がありますが、不規則 (...)


  • 免疫力低下 何歳から?
  • 免疫力は思春期にピークとなり、20歳を過ぎると少しずつ低下し始め、40歳代でピーク時の50%、70歳代で10%台まで低下する例もあります。


    免疫機能 何歳から?

    子供の免疫についての (...)


  • 産道感染するのはどれか?
  • が産道を通過する際に感染する経産道感染、さらに授乳時に母乳を介して感染する . 事業の徹底により産道を介した母子感染が激減したウイルスはどれか。1つ選べ。


    母子感染するのはどれか?

    (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り