DHA って何だっけ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

DHA(Docosahexaenoic Acid=ドコサヘキサエン酸)とは、一言で言えば「私たちの体に必須の脂肪酸(栄養素)」です。 脂肪酸とは、脂質いわゆる「油」を構成するモトになるものです。 「必須」と言うだけに、人間の脳や目の網膜、それから心臓(心筋)、胎盤や精子、母乳に多く含まれています。


DHAはなぜ必要?

DHAは記憶や学習能力を向上させるために必要不可欠な成分です。 DHAには、血管壁の細胞膜を柔らかくする働きがあるため、血流を改善する効果があるといえます。 また、勢いよく血液が流れても血圧が高くなるのを防ぐ働きもあります。 同時に赤血球の細胞膜も柔らかくするため、血流が改善され血液がサラサラの状態になります。

DHA は何に効くの?

DHAには体内の免疫反応の調整、脂肪燃焼の促進、血管壁の収縮、血小板の凝集に関わる等のさまざまな働きがあり、アレルギー疾患・高血圧・動脈硬化・脂質異常症・脳卒中・皮膚炎の予防と改善にも効果が期待できます。

魚 なぜDHA?

DHAは血中の中性脂肪を下げる効果の他、脳のシナプス部位の膜流動性を高め、神経伝達物質の受容体を活性化することで、記憶をサポートすると考えられています。 一方のEPAはエイコサノイドという少量で免疫や炎症反応に関係する体の働きを調節する物質を合成するために役立つと言われています。

DHA 取らないとどうなる?

DHA・EPAは中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。 不足すると中性脂肪や悪玉コレステロールが増えやすくなって血液がドロドロになり、血栓ができたり、血管が詰まる原因に。 高血圧や動脈硬化、心筋梗塞など生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

青魚にはどんな科がありますか?

魚でDHAがある部位はどこ?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • MCTオイル いつ飲むのが効果的?
  • MCTオイルの飲む量の目安は、1日1~3回、1回あたり小さじ1~大さじ1です。 飲む時間帯は、朝~昼がおすすめです! MCTオイルはすぐにエネルギーになるオイルなので、活動的に動いてエネルギーを使う時間に飲むと (...)


  • サナダムシという寄生虫がいますか?
  • サナダムシ(条虫)は国内で最もよくみられる寄生虫症の一つで、特に日本海裂頭条虫はサケやマスの生食で感染することから、刺身をよく食べる日本人に特徴的な寄生虫症とも言えます。


    サナ (...)


  • おせち料理はいつから食べられるようになったのか?
  • おせち料理のはじまりは弥生時代から 稲作が縄文時代の終わりに中国から日本に伝来し、弥生時代にかけて広まったことで、狩猟中心の社会から農耕中心の社会へと変わりました。 中国から「節」を季節の変わり目と (...)


  • バランスの良い食事をしないとどうなるか?
  • 食事は健康の基本です エネルギーが不足すれば、体や脳に栄養が上手く行き渡らないので、低血糖状態になりふらふらしてだるくなったり倒れたりします。 栄養のバランス悪化が、身体の不調、発育障害につながり、 (...)


  • ほうれん草 100 g 何カロリー?
  • ほうれん草は100gあたり18kcal・糖質0.3gで、カロリー・糖質共に食品の中で低いです。 16 авг. 2021 г.


    ほうれん草のおひたし 100 g 何カロリーですか?

    ほうれん草のお浸し100gあ (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り