稲 東北 なぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

特に寒暖差のある環境では、お米がデンプンを蓄えてより粒が大きく、甘くもっちりとした食感に育ちます。 東北地方ではこの昼夜の寒暖差に加え、冷涼な気候で病害虫を防げるほか、清浄な雪解け水、豊富な土地、肥沃な大地と米作りに適した環境が揃っています。


東北地方 銘柄米 なぜ?

冬の間、東北地方は寒冷で農業を行うことができないため、東北地方の農家が収入を安定させるために、品質のよいお米を作る必要がありました。 その結果、東北地方では次第に稲作が盛んになったのです。 また、品種改良によって寒さを乗り越えられる品種が生まれたこともあり、現在でもお米の生産が盛んに行われています。

なぜ米作りがさかんなのか?

水が豊富(ほうふ)にあることも米づくりがさかんな理由です。 米づくりには、たくさんの水を使います。 鳥海山(ちょうかいさん)の雪どけ水は、夏まで田んぼをうるおします。 また庄内平野は、夏の気温が高く、日照(にっしょう)時間が長いことも特徴(とくちょう)です。

北陸地方 米 なぜ?

しかし、春になると冬に積もったたくさんの雪が溶け始め、豊富な雪解け水を得ることができます。 北陸地方で米作りが盛んな理由の一つは、この豊富な雪解け水を稲作に用いることができるから。 豪雪がもたらす「豊かで良質な水」が、おいしい米作りを支えているのですね。

なぜお米の品種が多いのか?

①食味、そして炊いたときのツヤが良い ②収量性が高い ③病気・害虫に強い ④風邪などで倒れにくく育てやすい ⑤寒さ・高温に強い ⑥収穫時期が早い。 その時代や育成する地域によって、冷害に悩まされていた地方が、温暖化の影響で高温対策も必要になるなど、品種育成で目指す方向性は常に変わってきています。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

庄内平野どのような所?

米どころ 新潟県?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 胡蝶蘭の花は いつ 切る の?
  • 花茎の色が黄色く変わったら 花茎が黄色く変色し始めたら、早めに切ることをお勧めします。 花茎が黄色くても花が咲いて言える場合がありますが、黄色くなり始めるとカビが映えたり腐り始めるため、胡蝶蘭の株自 (...)


  • 胡蝶蘭 水 どのくらい?
  • 胡蝶蘭に水やりをする際には、1週間から10日の間に1回、各株の根元に対して水を与えます。 胡蝶蘭への負担を減らすために、水温は室温と近い温度になるようにしましょう。 水の量は、各株に対してコップ一杯(150 (...)


  • 胡蝶蘭 どうしたらいい?
  • 胡蝶蘭を鉢植えではなく切り花でもらったときは、水を入れた花瓶に入れて飾りましょう。 水は基本的に毎日取り替えるようにしてください。 その際、花持ちを良くさせるためには、水を取り替えるタイミングで「水 (...)


  • 胡蝶蘭 何度まで?
  • 胡蝶蘭のよくある質問 - 胡蝶蘭の適切な気温と湿度について Q胡蝶蘭を育てるのに適した温度は何度ですか? 栽培農家や参考書によっても異なりますが、一般的には昼約25℃・朝夕約21℃・夜約18℃ が理想的と言われて (...)


  • 分裂組織 どこ?
  • 分裂組織ぶんれつそしき 植物で分裂能力を残し続けて,生長の原因になっている組織。 すなわち茎や根の先端近くにあるものや,維管束内にあって新たな木部と師部を送出し続ける形成層がこれにあたる。 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り