アスパラガスが食用となったのはいつ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

アスパラガスは、南ヨーロッパからウクライナが原産地といわれています。 古代ギリシャ時代から栽培され、ヨーロッパに広がりました。 日本には、江戸時代にオランダ人によって主に葉を楽しむ鑑賞用として伝えられました。 食用としては大正時代に北海道で栽培が始まりです。


アスパラガス 旬 何月?

グリーンアスパラガスはハウス栽培のものが先に旬を迎え、露地栽培のアスパラガスは5月中旬から6月頃が旬。 ホワイトアスパラガスの旬は4月下旬~6月中旬頃です。 それぞれ、出始めのものが甘みが強くておいしいと言われていますよ。

アスパラガス 栽培 何年?

アスパラガスを種から育てる場合は、収穫できるまで生長するのに約3年かかります。 収穫できるようになってからは、約10年と長く収穫を楽しめる珍しい野菜です。

アスパラガス 苗 いつ?

アスパラガスの苗植えは、夏と冬を避けて、春か秋に行いましょう。 3~5月が植え付けの適期です。 鉢は12号以上、プランターは65cm幅以上で、深さ30cm以上のものを準備します。 そして、鉢やプランターの1/3ほど土を入れ、根をひねるように広げながら植えましょう。

アスパラガス 収穫 いつ?

地域によってズレはありますが、4~5月頃が主な収穫時期です。 うまく管理すれば9月頃の秋にも2回目の収穫期が訪れますが、慣れないうちは春のみの収穫をおすすめします。 この時期はアスパラガスが萌芽して地上にニョキニョキと生えてきます。 25~30センチになったら収穫適期です。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

アスパラガス 植え替えはいつ?

アスパラガス どこから伝わった?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 果実 どの部分?
  • 私たちが食べている部分は、花托が大きくふくらんだものです。 なお、果実になると花托は果托といいます。 そして、食用部分の上にあるつぶつぶは、雌しべの子房が成長したもので、植物学的には種子ではなく、果 (...)


  • 金柑いつ取る?
  • 金柑(キンカン)の収穫! 旬の時期は? 花が咲いて150日くらいたった11月下旬頃から果実が成熟していきます。 実全体が、黄色がかったオレンジ色になったら収穫のタイミングです。 21 июн. 2016 г.


  • 魚の漬けは何日もつ?
  • そのほか白身や赤身の魚を使う場合、お肉同様5日ほどを目安に使い切るようにすると良いでしょう。 中には1週間以上味噌漬けにした経験があるという方もいらっしゃいますが、保存の仕方や容器などによっても賞味期 (...)


  • にんにく いつから 日本?
  • ニンニクは、4世紀ころに、朝鮮半島、中国大陸を経て日本に伝来したと考えられます。 「古事記」(712年)には「倭建命(ヤマトタケルノミコト)が東国を平定し帰途にあり、足柄山の坂本で食事をしているときに、 (...)


  • ツツジ 何弁か?
  • 合弁花【ごうべんか】 被子植物双子葉類のうち花弁が合着しているものの総称。 離弁花に対する語。 離弁花類より進化した群と考えられている。 サルビア,ツツジ,アサガオ,ナス,キクなど。


    (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り