あかぎれができるのはなぜ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

あかぎれは、寒さや空気の乾燥によって皮脂や皮膚の水分が奪われ、ひび割れができることで起こります。 ひび割れが深くなり、中が赤く見えたり、出血や痛みを伴うものを「あかぎれ」と呼びます。 寒さのほか、洗剤やシャンプーなどを毎日使い続けることによる刺激、水仕事、慢性的な皮膚炎、老化、水虫などが原因で起こることもあります。


あかぎれ ひどい なぜ?

ひびやあかぎれの主な原因は、手肌が乾燥して角層の柔軟性がなくなることです。 そもそも、なぜ手肌が乾燥するのかというと、空気の乾燥や気温の低下のほかに、手洗いや水仕事などで手肌の皮脂が奪われることが挙げられます。

ゆび かさかさ なぜ?

化学的刺激(洗剤、石鹸など)や物理的刺激(家事による摩擦など)により手の水分や皮脂が失われ、手が乾燥状態になります。 結果として、刺激に過剰反応し、湿疹や炎症が生じます。 症状が悪化すると、小さい水ぶくれができたり、皮膚が厚くなったり、ひび割れなどの症状があらわれます。

あかぎれを治すにはどうしたらいい?

市販の医薬品のクリームや軟膏を使用する 痛みやかゆみ、炎症を抑えたり、ひびわれ・あかぎれの修復を早めたりする市販薬(OTC医薬品)を使用し、つらい症状を抑えましょう。 ハンドクリームは、毎日、あるいは一日に数回塗ることをお勧めします。 特に、手を洗った後や、乾燥している感じがするときにはこまめに塗りましょう。

しもやけ かゆい時どうする?

また、かゆみなどつらい場合には、血流を良くするために、マッサージをしてみましょう。 ただし、炎症が起きている部位を直接マッサージすると、かえって症状を悪化させる可能性があるので、足首や手首など、患部の近くをマッサージするほうがよいでしょう。 それでも症状がつらい場合には、薬に頼るのも方法の一つ。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

手の皮が剥ける 何故?

あかぎれ どうしたらいい?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 玉ねぎは芽が出ても食べられますか?
  • 玉ねぎの芽は食べられるのか じゃがいもの芽には毒があるといわれているため、玉ねぎも芽が出てしまうと食べられなくなってしまいそうなイメージですよね。 しかし実は、玉ねぎの芽に毒はないため、玉ねぎ本体も (...)


  • 孔辺細胞に葉緑体があるのはなぜ?
  • 孔辺細胞の葉緑体は、カリウムの取り込みに必要なエネルギーを作り出すのに一役買っているものと考えられています。 葉をつくる大部分の細胞では、光を受けた葉緑体の働きによって、二酸化炭素からショ糖やデンプ (...)


  • スライス玉ねぎ 何日持つ?
  • 切った玉ねぎの賞味期限(保存期間) スライスの場合は、ジッパー付きのビニール袋で密封して、冷蔵庫に入れます。 大きめに切り分けた場合よりも切断面は大きいので、あまり長期保存には向きません。 1~3日程度を (...)


  • 玉ねぎ いつまで大丈夫?
  • 冷蔵庫には入れず、風通しのよい冷暗所で保存を。 新聞紙に包んで常温で保存すれば1〜3ヵ月もちます。 ただし、気温が高い夏場などは、冷蔵庫の野菜室へ。 その場合は1週間程度を目安に使い切るようにしてくださ (...)


  • オニオンスライスはどれくらい日持ちするのか?
  • 切った玉ねぎの賞味期限(保存期間) スライスの場合は、ジッパー付きのビニール袋で密封して、冷蔵庫に入れます。 大きめに切り分けた場合よりも切断面は大きいので、あまり長期保存には向きません。 1~3日程度を (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り