ノミダニ 生後何ヶ月から?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

生後1ヶ月


犬 ノミダニ 薬 何ヶ月から?

犬・猫ともに、生後2ヶ月からの予防が可能です。

犬 ノミダニ予防 何ヶ月から?

予防時期目安予防項目2~3ヵ月・1回目予防接種 ・駆虫薬投薬 ・フィラリア予防3~4ヵ月・2回目予防接種 ・ノミ・ダニ予防 ・外出許可4~5ヵ月・狂犬病予防注射 ・歯科検診6ヶ月目・歯科検診 ・避妊去勢手術 ・体重測定

猫 ノミダニ 薬 何ヶ月から?

【生後いつから?】 8週齢以上の子猫(体重制限なし)から使用できます。 との記載あり。 猫に寄生するノミ、マダニの駆除。

子犬 ノミダニ いつから?

子犬を迎えた場合、どのくらいの時期にノミダニ予防を始めればよいのか、悩む方もいらっしゃるでしょう。 生後2〜4ヶ月頃に獣医師の指示で予防を行うのが一般的ですが、野良犬や育てられた環境によっては早めの予防が求められることもあります。 ワクチンなどの接種をした際に、ノミダニ予防に関しても獣医師さんに確認しておきましょう。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

犬 ノミ取り いつから?

ダニ駆除 いつから?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 日清戦争 何をもらった?
  • 日清戦争にっしんせんそう 日本軍は黄海海戦で大勝し,大連・旅順・威海衛を占領,翌'95年4月,両国の間で下関条約が締結された。 死者1万7000人,戦費約2億円にのぼったが,遼東半島・台湾・澎湖諸島の割譲や (...)


  • 糖質と脂質 どっちが悪い?
  • なぜなら、糖質の方が脂質よりも太る原因となりやすいからです。 糖質が太る原因となるのは、摂取すると血糖値が上昇するからです。 血糖値が上昇すると、体内ではインスリンが分泌されます。 このインスリンが体 (...)


  • さつまいも食べるならいつ?
  • さつまいもは収穫後、2~3か月ほど貯蔵することで水分が抜け、甘くおいしいさつまいもに変化します。 収穫されるのは8~11月頃ですが、おいしく食べられるのはその2~3か月後の10~1月頃というわけです。 (...)


  • 夕顔は食べれますか?
  • 夕顔を美味しく食べよう! 味わいが素朴な夕顔はどのような料理にもマッチしますが、調理例としては煮物や炒め物、あんかけや味噌汁の具、スープや麻婆豆腐などにアレンジしても美味しく食べられます。 また、お (...)


  • アレルギー反応には4種類ありますか?
  • Ⅰ型からⅣ型まで4種類に分類されています。 アレルギー反応がどのように起こるかによって、下記の表のようにⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型と4種類に分類されています(5種類に分類される場合もあります)。 花粉症やアトピー (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り