2期作 どこ?

私たちの専門家の答え
あなたの質問

日本では高知県や鹿児島県、沖縄県など年間を通じて平均気温が16℃以上の温暖な太平洋側の地方で多く見られる。 台風の影響を避け、多くの収穫を上げる目的で行われてきた。


2期作 何時代?

二毛作は鎌倉時代に始まりました。 牛や馬の糞を肥料として使えるようになって、土地の生産力が上がったからです。 同じ土地で、一年に2回、違う作物を作る二毛作は、鎌倉時代、牛馬の糞を肥料にして土地の生産力が上がったことから始まりました。 米と麦の二毛作です。

2期作 なぜ?

日本の気候は、夏にイネ、冬はムギを作るのに適していることから、年内の異なる時期にこの2つの作物を交互に同じ田んぼで作っていて、これを二毛作といっていました。 二期作は、同じ田んぼでイネを1年に2回作ることで、沖縄県(おきなわけん)のようによほどあたたかいところでないとできませんでした。

二毛作 何地方?

1. 二毛作とは? 同じ土地で一年に二度、別の作物を作ることを 二毛作 といいます。 中世の日本では、近畿地方を中心に二毛作が広まりました。 当時の農家は、春から秋にかけて 米 を、秋から次の春に 麦 を作っていました。

何毛作?

二毛作 (にもうさく)とは、同じ耕地で一年の間に2種類の異なる作物を栽培すること。 同じ作物を作る場合は二期作(にきさく)という。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

東南アジアの 稲作いなさく がさかんな地域では,年に2回,同じ耕地で同じ作物を作っているが,このことを何といいますか?

2期作 いつから?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 塩酸 何細胞?
  • 壁細胞が分泌するものは2つある。 ひとつは胃液を強い酸性とする(塩酸 (HCl))。 もう一つは回腸でのビタミンB12の吸収に必要な(内因子)である。 G細胞は(ガストリン)という消化管ホルモンを分泌する。 (...)


  • いくら 解凍 冷水?
  • 冷蔵庫でゆっくり解凍してください。 低温解凍でないと、いくらの組織が壊れてしまいます。 流水(水道水)の温度は平均15℃~20℃ですので、凍っているものを溶かすには温度差があり過ぎます。 電子レンジや流水で (...)


  • 電子レンジ アース線 どこにつける?
  • 1) 電子レンジのアース線の取り付け方 電源を差し込むコンセント側に、 アース線を取りつけるための端子(差込口)があるので、そこに差し込むだけで完了です 。 . 【コンセントにある「 アース線の端子( (...)


  • 原因不明の熱が続く 何科?
  • 原因不明の発熱が続いているという方は総合診療科を受診してください。


    熱が何日も続く?

    39度以上の高熱の場合や発熱が4日以上続く場合、(症状によってはウイルス感染症の可能性 (...)


  • 脂肪 どこについてる?
  • 体脂肪の種類とつきやすい場所 お腹(特に下腹部)、お尻、太ももなどにつくことが多く、一度ついてしまった皮下脂肪は落ちにくいです。 内臓脂肪とは腹筋の内側の壁、腹腔内についている脂肪のことで、主に小腸 (...)


コメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

私達に電子メールを送り